黄色ピール (Retises)

化粧品や「黄色ピール」の技術はMediderma(スペイン)によって開発されました。

Medidermaは博士ガブリエル・セラーノミゲル、肌、髪と爪のための高品質で安全な製品の開発に特化したSesderma研究所での創業者と率いる皮膚科医のグループで25年前に設立されました。Medidermaは60カ国以上に拠点を持ち、国際的に広く知られています。

Gabriel Serrano博士は、35年にわたり、化粧品、新しいスキンケア方法、皮膚の状態と健康の改善のため医療プロトコルを開発しています。

黄色ピールは何ですか。

これは、加齢に関連する皮膚の変化に対抗し、老化を防止することを目的とした、表面的およびメジアン的効果の現代的な効果的な化粧処置です。
科学的に、この手順はレチノインピーリングと呼ばれ、レチノイン酸、レチノールベースの酸(真のビタミンA)、脂溶性ビタミン、酸化防止剤に基づいています。
レチノイン酸 – しわを和らげ、その生成を防止します。


「黄色」という名前は、皮膚に塗布した後のレチノイドが薄い黄色に着色するため固定されています。黄色は一日でぐらいなくなります。
深さによってこのピーリングは浅いか中位のピーリングも可能です。

黄色ピーリングの徴候

  • しわ;
  • ニキビ;
  • 角化症;
  • 淡い顔色;
  • 光老化、シミ;
  • 顔の外科的リフチングの準備;
  • ダブダブした肌。

レチノインピーリングの利点

1) 低外傷性。黄色ピーリングの影響は非常に柔らかく、そのため年齢閾値は25〜50年の間です。中位のピーリングの時も、活性物質はタンパク質の凝固を引き起こさずに、それ自体の脂溶性特性の一助として真皮の深部まで浸透します。

2) 若返り。 このピーリングは、ケラチン化細胞を外部から剥離するだけでなく、皮膚内部の若返りプロセスの開始を刺激します。

また、このピーリングの利点には、無痛、併発の可能性が低いこと、および施術後のリハビリのスピードです。

Желтый пилинг

流れの特徴

このピーリングの前に、2週間の準備が必要です。それは、既に主要な活性成分であるレチノール使用です。顔の肌が十分に薄くて乾燥している場合に特に重要です。副作用は乾燥する可能性がありますので、お医者さんは顔面の皮膚を徐々に準備して、主な活性物質に慣れるようアドバイスします。

当ピーリングの日は、皮膚をまずグリコール酸の溶液で塗り、次いでレチノイン酸が使用されます。このような組成物は、皮膚に作用し、皮膚の中浸透し、中和されます。

手術後のリハビリ期間は2〜3日かかり、薄い色だけでなく、絞る感じがあります。保湿剤(クリーム)を使用して下さい。

その後、皮膚は徐々に5〜7日間剥がれ始め、ついには滑らかで絹のようになります。

結果

– 基底層の細胞の細分が増えるため、表皮が再生されます。しわが伸ばされ、肌のレリーフが均一になります。
– メラニン生成の正常化のためにシミが消えます。
– ヒアルロン酸の合成が増加し、皮膚の正常な水分バランスが回復します。
– 悪性皮膚細胞の数を減らし、皮膚癌のリスクを低減します。

肌はより健康的な色を獲得し、健康的な赤面が現れ、心地よい内面の「輝き」が現れます。

前と後の写真

禁忌

  • ウイルス性皮膚疾患、例えばヘルペスまたは疣贅;
  • 懐胎、計画がある懐胎(たとえば本年受胎を計画されるも);
  • 授乳;
  • 肝臓病、特に肝炎;
  • 慢性皮膚疾患、例えば、湿疹;
  • それに対するアレルギー。

夏にはレチノインピーリングもしないほうがいいです。 太陽の光線を避けなければなりません。

可能性のある合併症

黄色ピーリングの柔らかさにもかかわらず、レチノイン酸はかなり強い化学物質ですので、完全に副作用の可能性を除外することができません。しかし多くではありません、、その発現の程度は最小限です。

– 皮膚がしばらくに暗めになる場合もあります。

– 薄い乾燥した皮膚を有する患者は、浮腫および局所炎症を発症し得ます。ほとんどの場合、目と頚部の近くにあります。施術の1〜3日後出現し、通常24時間以内になくなります。

ピーリング後の適切なケアを忘れないでください。

ドクターウエッラ美容室の フェイシャルのプライスを調べるためにリンクをクリックしてください。

P.S. москва желтый пилинг, пилинг с ретинолом, ретиноевый пилинг москва